2011年06月30日

田舎暮らし千葉のセシウムは福島のいわき市と同じ:マスコミを思う

私は、田舎暮らし人気一番の千葉県で福島原発から半径約200キロに住んでいますが、福島原発事故の影響を結構受けるようになりました。筑波大学の先生の調査によれば、土壌の放射能セシウムの量は福島原発半径30キロの福島県いわき市と同じ。

この頃部屋の中も30℃を超えるようになりましたが、放射能汚染も重なり、田舎暮らし千葉も余計に暑苦しいです。

福島原発事故後、私の住んでいる市にも、福島県の方が結構避難してこられてましたが、無駄だったようです。かえって、中間の茨城県北部の土壌の方が放射能が少ない。

夏は、南風が吹くので、岩手県や青森県や北海道南部の放射能が高くなりそうです。

それにしても、今回は大手新聞やテレビ局にはがっかりさせられました。東電から広告費をもらっていては、原発の批判はやりにくいのはわかりますが、建設的な批判や提言的な記事は書けたはずですが、私の記憶では読んだことがありません。マスコミも特権階級の一員になって、批判精神やハングリー精神忘れているように思えます。

大手新聞やテレビ局は社会の木鐸という役割もありますが、肝心な時に果たしていない。太平洋戦争の時と同じ。そして、池に落ちると、正義の面をして、いっせいに袋たたき。

アメリカではインターネットが発達し新聞の読者が減り、記者2万3千人が失業しましたが、いざという時に役に立っていない日本のマスコミは、社会から見捨てられる可能性大です。アメリカのマスコミは、それぞれ個性的で、記者の信念に基づいて辛らつに批判記事も書いてましたが、、、。それでも記者2万3千人が失業。



posted by ひろ at 11:29| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

田舎暮らしのナス食べ始めて熟睡へ:心身に微妙な快感

田舎暮らしの真似事の野菜作りのナスを食べ始めてから、蒸し暑くて寝苦しいはずですが、ぐっすり熟睡できます。

やはり、季節季節の低農薬で有機栽培の田舎暮らしの野菜を食べることは、体内の栄養のバランスが自然に取れるために、心身の健康に良いのだと思います。

田舎暮らしの初収穫の野菜を季節ごとに食べるごとに、心身に微妙な快感が生じるのがわかります。

このような楽しみがあるため、肥料代、苗代など考えたら、スーパーで買う野菜のほうが安いですが、自分で野菜を作っています。スーパーで買う野菜には、このような快感はありません。
posted by ひろ at 11:21| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

千葉県の庭の山椒の木に例年の青虫出現せず

福島原発事故の放射能の影響か、今夏は、田舎暮らし人気一番の千葉県の自宅の庭の山椒の木の葉が、蚕のように大きい青虫に丸裸にされないです。

害虫防除の農薬を山椒の木にかけると、葉が変色してしまうため、青虫に食べられる前に、毎日葉をちぎって食べていますが、今年は妙ですね。

田舎暮らし人気一番の千葉県の自宅の庭の山椒に、例年の青虫が出現しないです。

田舎暮らし人気一番の千葉県でも、生茶や牧草から基準値以上の放射能が検出されていますが、、、。

posted by ひろ at 08:55| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。