2012年09月28日

田舎暮らしの自家用野菜苗をあわてて植え始める:原発事故への怒り静まらず

田舎暮らしの真似事の自家用野菜作りでは、畑の準備をする前に、先に植える苗を買います。苗が枯れない前に、畑を耕して準備しようと頑張るからです。

いよいよ買った苗が茶色に変色して枯れ始めたので、2-3日前から、あわてて畑を耕し、元肥をまき、野菜苗を田舎暮らしの真似事の畑に植え始めています。

ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗を植えました。大根の種まきもしようと思っています。

つみれ(つんで食べる菜の花)も、美味しいので植えようと思っています。

静かに田舎暮らしの真似事の自家野菜作りをしているつもりでしたが、福島原発事故で放射能スポットになり、気持ちが一変しました。思い出すたびに、腹が立ちます。

大前研一の日本のカラクリ:独自調査分析!福島第一原発事故の本当の原因(あまりにピント外れの事故調査委員会レポート、再発防止策を考えるには原子炉の分析が必要、原子炉の設計思想にそもそも問題があった、原発は“公営化”し9電力でマネジメント)。



posted by ひろ at 20:29| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

千葉田舎暮らしと福島原発の放射能:村田光平さん(元駐スイス大使)とニューヨークタイムス東京支局長のマーティンさんに共感

残暑が厳しく、ボツボツ田舎暮らしの真似事の自家用野菜作りで、秋野菜苗植え用の準備しなければと思いつつ、つい億劫になり、先延ばしにしてきました。

でも、これではいけないと思い、昨日、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗を、畑の準備をする前に買いました。こうすれば、買った田舎暮らしの真似事の自家用野菜の苗に追い立てられて、残暑が厳しいですが、畑の準備ができるからです。

今春や今夏の野菜は、福島原発の放射能の影響かどうかわかりませんが、固くて不味く、微妙な甘みと柔らか味がなかったですが、今秋や冬の野菜の味はどうなりますか?

私は、田舎暮らし人気一番の千葉の北部に住んでますが、放射能スポットです。昨日、現代ビジネスというサイトに、元スイス大使の村田さんが、福島原発の現状と危険性について投稿されているのを読みましたが、関東圏の住民も虎の口の近くで無邪気に暮らしているようなものだと思いました。

福島第一原発の事故から1年半。実は今、同原発の「4号機」が、さらなる放射性物質を地上に撒き散らし、人類を未曾有の危険にさらそうとしている。それなのに国と東電にはまるで危機感がない---。外交官時代から脱原発の志を貫いてきた信念の人・村田光平さん(元駐スイス大使)が、その空恐ろしい実情を語る」。

ニューヨークタイムス東京支局長のマーティンさんが「本当のことを伝えない日本の新聞」という本を出し、何故新聞は権力者の代弁ばかりを繰り返すのか?「3/11と新聞の敗北」の裏側、、、とのことですが、共感されます。
posted by ひろ at 11:46| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月09日

田舎暮らし千葉でヘビ急減:何か天地の間で異変や異常が進行・雀も小型化して痩せ

私は、田舎暮らし人気一番の千葉県に住んでいますが、ここ3年ほどでヘビをほとんど見なくなったことです。

今夏は、生きたヘビを見たのは一回だけ。林の中の道路を横切ろうととしているヘビを見つけて珍しいなと思い自転車を急停車して見ていると、ヘビの方が驚いて、横切るのを止めて、林の中に戻って行きました。

田舎暮らし人気一番の千葉県の自家用野菜は、今年は例年と比べて堅くて不味い。ハチは8年ほど前から急減。

雀は25年ほど前から急減。田舎暮らし千葉の雀も、ここ3年ほど小型化してやせているのが目立ちます。

何か天地の間で、異変や異常が進行しているからだと思います。経済発展、合理化、開発の陰で、何かひずみが発生しているのだと思います。

posted by ひろ at 19:50| 田舎暮らし千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。