2013年04月01日

田舎暮らしの農業とTPP

田舎暮らしの真似事をしている千葉県北部もすっかり春じみてきました。水田は耕して、いつでも水を引けるようになっています。

確か40才までに田舎暮らしの農業に転職すれば国から毎月15万円を7年間補助してもらえるとのことで、申し込みが多い。

しかし、農村に大変動のTPP加入参加で、妙な気持ちです。

散歩の途中に、3町歩の水田をやっている農家の方と話しましたが、農機具代などが高くて、年に100万円の赤字だと言っておられました。

田舎暮らしの農業は、趣味でやる方や年金生活者や堅い勤めを持っている方には、過去も、現在も、未来も楽しいですが、生業としてやる場合は、なかなか厳しいです。

「日本のTPP参加は主権の放棄」2013年3月11日

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは


posted by ひろ at 09:38| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。