2013年02月01日

茨城県の橋本知事は福島原発事故では関東圏の大恩人:福島県の佐藤知事は被害者顔ばかりで良いのか?

全国の県別の転出入人口では、実質転出数では、田舎暮らし人気一番の千葉県は、福島原発事故の福島県に次いで多い8000人でした。

これまでは、千葉県は、田舎暮らしや東京通勤のサラリーマンのベッドタウンとして、転入が続いてましたが、福島原発事故後は千葉県北部が放射能スポットになったため、人気下落し人口の転出が続いています。

半年前ほどに測った地表の放射能測定では、福島県を含めて千葉県柏市のある地点が私の記憶間違いでなければ6万シーベルトで一番高い。その新聞記事を読んだ瞬間、本当に福島原発事故の飛散放射能かな、誰かが放射能物質を捨てたのが原因ではと思ったぐらいです。

それにしても、東電には腸が煮えくり返ると言っておられた茨城県の橋本知事は、東京を含めた関東圏の大恩人だと思います。茨城県の鹿島にある日本原電の東海原子力発電所の堤防のかさ上げ工事を日本原電に要請し、かさ上げ工事が3・11の東日本大地震の津波にかろうじて間に合い、東海原子力発電所の電源が助かり原子炉を冷却できていたのですから。

茨城県の橋本知事が要請しなくて、津波で全電源が故障し、茨城の東海原子力発電所も爆発していれば、日本の半分の東日本全体は避難区域になって、東京も首都機能を失っていたと思います。私の住んでいる田舎暮らし人気一番の千葉県からも逃げ出す必要があったと思います。

茨城県の橋本知事の先見の明を、今後の日本の原子力政策や産業政策に活用すべきだと思いますが、そのような動きは感じられません。変ですね。

新聞もおかしいですね。茨城県の橋本知事は茨城の東海原子力発電所の堤防のかさ上げ工事を要請して実行中だのに、福島県の佐藤知事は東電に福島原発の堤防のかさ上げ工事を要請しているのかどうか、要請してないのならば何故か、要請する必要があるかないかの新聞記事は、私の記憶では読んだことがありません。(記者ももっと問題意識を持ち、サラリーマン記者にならず、時にはドロをかぶり社内出世を棒に振る国士記者やサムライ記者になれば、国を救える機会があったと思います)。

そして、実際に福島原発事故が発生してから、福島県の佐藤知事は被害者側に立って被害者の顔を演じておられるように思います。茨城県の橋本知事と比較して、福島県の佐藤知事は原発に対してチェックが甘かった責任があるように感じます。

正月にテレビで山本五十六を見ましたが、海軍首脳のようにナーナーでやっていると国を誤らせると思いました。





posted by ひろ at 11:31| 田舎暮らし千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。