2013年04月01日

田舎暮らしの農業とTPP

田舎暮らしの真似事をしている千葉県北部もすっかり春じみてきました。水田は耕して、いつでも水を引けるようになっています。

確か40才までに田舎暮らしの農業に転職すれば国から毎月15万円を7年間補助してもらえるとのことで、申し込みが多い。

しかし、農村に大変動のTPP加入参加で、妙な気持ちです。

散歩の途中に、3町歩の水田をやっている農家の方と話しましたが、農機具代などが高くて、年に100万円の赤字だと言っておられました。

田舎暮らしの農業は、趣味でやる方や年金生活者や堅い勤めを持っている方には、過去も、現在も、未来も楽しいですが、生業としてやる場合は、なかなか厳しいです。

「日本のTPP参加は主権の放棄」2013年3月11日

アメリカ市民団体がTPPについて報道した驚異の内容とは


posted by ひろ at 09:38| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

田舎暮らしの大根の太さと畑の掘り返し回数の関係:植物は人間の手間に正直に反応とは本当だ

田舎暮らし 人気一番の千葉県での田舎暮らしの真似事の自家用野菜では、「植物は人間が手間をかけた分だけ、正直に反応する」との言い伝えが正しいと、今年は確認しました。

私は、田舎暮らしの真似事の自家用野菜栽培では、畑を大きなスコップで3回深く掘り返しています。

このようにすると、大根などは遅く植えても人間の腕より太くなります。このため、去年は、一箇所に2本育つようにしましたが、1本づつは、他人の畑の大根の太くなりました。

しかし、このようにしていると、「他人からおかしな大根の育て方をしているな、、、」と思われがちなので、今年は畑を大きなスコップで2回深く掘り返しただけで、1本づつ育てると、なかなか太くなりません。他人の畑は、太くなって収穫してのに、、、。

スコップで深く掘り返す回数を1回省略しただけに、こんなにも大根の成長が違うものかと、思いました。
posted by ひろ at 17:43| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

漫画家の守村大さんが開拓田舎暮らし:「新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活」・年間食費20万円

週間漫画「モーニング」に漫画家の守村大さん(54才)が、福島県の新白河の雑木林(東京ドームと同じ広さ)を購入して開拓し、田舎暮らしをしている模様を連載しておられます。これまでの開拓田舎暮らしをまとめた本が「新白河原人 半分ちょいの電気で贅沢DIY生活」です。

なかなかの愛犬家で、犬との暮らしが楽しく描かれています。家は、自分で建築したログハウス。子供さんはどうもいなくて、奥さんとの二人暮らし。炭焼き小屋や自家製パン焼き小屋も、自分の手で作っておられます。バイク愛好家。

漫画家の守村大さんが開拓田舎暮らしをしているのは、東北新幹線・新白河駅から車で10分。冷暖房費0円。年間食費20万円。

生活費は、どうも漫画書きで稼いでおられるようです。農業専業となると、激しい農作物の価額変動や農作物の病気・風水害で、楽しいことばかりではありませんが、、、。



posted by ひろ at 16:15| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月22日

田舎暮らしの真似事の自家用野菜畑はイナゴだらけ:昨日殺虫剤のオルトランまく

田舎暮らしの真似事の自家用野菜畑では、いまは多くのイナゴ(バッタ)が野菜に取り付き、穴を開けています。

ハクサイが、イナゴに一番かじられています。昨日、全部の野菜にジョウロで水をかけ、殺虫剤のオルトランを上からふりかけ、葉に付着させました。

オルトランが、田舎暮らしの真似事の自家用野菜畑の殺虫に一番よく効くようです。オルトラン以外の殺虫剤は、雨が降ると、すぐ効果がうすれます。

農薬を使わずに、田舎暮らしの真似事の野菜を作りたいですが、必要最低限は農薬をまかなければ野菜は育ちません。無農薬野菜とは、ウソだと思います。低農薬野菜が正しいと思います。

それだけに、スーパーで売っている穴のあいてないきれいハクサイなどを見ると、つい何回農薬がかかっているのか、、、と思います。回数を知ったら、当分は食べる気にならないと思います。
posted by ひろ at 09:30| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月28日

田舎暮らしの自家用野菜苗をあわてて植え始める:原発事故への怒り静まらず

田舎暮らしの真似事の自家用野菜作りでは、畑の準備をする前に、先に植える苗を買います。苗が枯れない前に、畑を耕して準備しようと頑張るからです。

いよいよ買った苗が茶色に変色して枯れ始めたので、2-3日前から、あわてて畑を耕し、元肥をまき、野菜苗を田舎暮らしの真似事の畑に植え始めています。

ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗を植えました。大根の種まきもしようと思っています。

つみれ(つんで食べる菜の花)も、美味しいので植えようと思っています。

静かに田舎暮らしの真似事の自家野菜作りをしているつもりでしたが、福島原発事故で放射能スポットになり、気持ちが一変しました。思い出すたびに、腹が立ちます。

大前研一の日本のカラクリ:独自調査分析!福島第一原発事故の本当の原因(あまりにピント外れの事故調査委員会レポート、再発防止策を考えるには原子炉の分析が必要、原子炉の設計思想にそもそも問題があった、原発は“公営化”し9電力でマネジメント)。

posted by ひろ at 20:29| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

千葉田舎暮らしと福島原発の放射能:村田光平さん(元駐スイス大使)とニューヨークタイムス東京支局長のマーティンさんに共感

残暑が厳しく、ボツボツ田舎暮らしの真似事の自家用野菜作りで、秋野菜苗植え用の準備しなければと思いつつ、つい億劫になり、先延ばしにしてきました。

でも、これではいけないと思い、昨日、ハクサイ、キャベツ、ブロッコリー、カリフラワーの苗を、畑の準備をする前に買いました。こうすれば、買った田舎暮らしの真似事の自家用野菜の苗に追い立てられて、残暑が厳しいですが、畑の準備ができるからです。

今春や今夏の野菜は、福島原発の放射能の影響かどうかわかりませんが、固くて不味く、微妙な甘みと柔らか味がなかったですが、今秋や冬の野菜の味はどうなりますか?

私は、田舎暮らし人気一番の千葉の北部に住んでますが、放射能スポットです。昨日、現代ビジネスというサイトに、元スイス大使の村田さんが、福島原発の現状と危険性について投稿されているのを読みましたが、関東圏の住民も虎の口の近くで無邪気に暮らしているようなものだと思いました。

福島第一原発の事故から1年半。実は今、同原発の「4号機」が、さらなる放射性物質を地上に撒き散らし、人類を未曾有の危険にさらそうとしている。それなのに国と東電にはまるで危機感がない---。外交官時代から脱原発の志を貫いてきた信念の人・村田光平さん(元駐スイス大使)が、その空恐ろしい実情を語る」。

ニューヨークタイムス東京支局長のマーティンさんが「本当のことを伝えない日本の新聞」という本を出し、何故新聞は権力者の代弁ばかりを繰り返すのか?「3/11と新聞の敗北」の裏側、、、とのことですが、共感されます。
posted by ひろ at 11:46| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月19日

都会で暮らす田舎出身者にとって故郷は遠くにあって思うもの:故郷の田舎暮らしはタクアンの味か

禅寺の永平寺に行く途中の福井県大野市出身の俳優の古宇野重吉さんは「故郷は遠くにあって思うもの。2度と帰るまいと思っていたが、歳をとると故郷がなつかしく思われるようになった」と言っておられましたが、田舎出身者の複雑で微妙な心の奥底を表現しておられるなと思います。

都会で暮らす田舎出身者にとって、故郷の田舎暮らしは、喜びや悲しみや怒りなどいろんな感情が混ざっています。私も、故郷の京都府の過疎村に列車が近づくにつれ、切ない思いがこみ上げてきます。

私は、仕事で俳優の古宇野重吉さんの故郷の福井県大野市を何回か訪問したことがありますが、秋や冬は空気清澄、冷たくてきれいな水が流れる水路があちこち走っている、気温が低下すると大根に甘みが増しうまいタクアンの産地。私の故郷と似ています。タクアンの味と似ています。

農水省は、農業に転職する青年に7年間毎年150万円補助する事業を展開してますが、補助期限が切れてから田舎暮らしのいろいろな味を味わうようになると思います。週間漫画のモーニングの守村大さん連載の「新白河原人」は、田舎暮らしの良い面を中心に描かれています。
posted by ひろ at 09:10| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

無料の農場ゲームで田舎暮らし野菜作りの練習できる

田舎暮らしをして自家用野菜も作りたいと思っておられる方は、携帯の無料ゲーム「不思議農場ゲーム」で練習されることをお勧めします。

どんな仕事も最初は素人。たくさん失敗して、失敗を通して覚えていきます。例えば、水や肥料のやり過ぎは失敗。苗が虫の大好物の野菜もあります。苗を植えても、農薬散布しないと、1週間で食われたり、吸われたりして、枯れてしまったようになる野菜苗もあります。

携帯の無料ゲーム「不思議農場ゲーム」
posted by ひろ at 11:45| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

田舎暮らし千葉のセシウムは福島のいわき市と同じ:マスコミを思う

私は、田舎暮らし人気一番の千葉県で福島原発から半径約200キロに住んでいますが、福島原発事故の影響を結構受けるようになりました。筑波大学の先生の調査によれば、土壌の放射能セシウムの量は福島原発半径30キロの福島県いわき市と同じ。

この頃部屋の中も30℃を超えるようになりましたが、放射能汚染も重なり、田舎暮らし千葉も余計に暑苦しいです。

福島原発事故後、私の住んでいる市にも、福島県の方が結構避難してこられてましたが、無駄だったようです。かえって、中間の茨城県北部の土壌の方が放射能が少ない。

夏は、南風が吹くので、岩手県や青森県や北海道南部の放射能が高くなりそうです。

それにしても、今回は大手新聞やテレビ局にはがっかりさせられました。東電から広告費をもらっていては、原発の批判はやりにくいのはわかりますが、建設的な批判や提言的な記事は書けたはずですが、私の記憶では読んだことがありません。マスコミも特権階級の一員になって、批判精神やハングリー精神忘れているように思えます。

大手新聞やテレビ局は社会の木鐸という役割もありますが、肝心な時に果たしていない。太平洋戦争の時と同じ。そして、池に落ちると、正義の面をして、いっせいに袋たたき。

アメリカではインターネットが発達し新聞の読者が減り、記者2万3千人が失業しましたが、いざという時に役に立っていない日本のマスコミは、社会から見捨てられる可能性大です。アメリカのマスコミは、それぞれ個性的で、記者の信念に基づいて辛らつに批判記事も書いてましたが、、、。それでも記者2万3千人が失業。

posted by ひろ at 11:29| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

田舎暮らしのナス食べ始めて熟睡へ:心身に微妙な快感

田舎暮らしの真似事の野菜作りのナスを食べ始めてから、蒸し暑くて寝苦しいはずですが、ぐっすり熟睡できます。

やはり、季節季節の低農薬で有機栽培の田舎暮らしの野菜を食べることは、体内の栄養のバランスが自然に取れるために、心身の健康に良いのだと思います。

田舎暮らしの初収穫の野菜を季節ごとに食べるごとに、心身に微妙な快感が生じるのがわかります。

このような楽しみがあるため、肥料代、苗代など考えたら、スーパーで買う野菜のほうが安いですが、自分で野菜を作っています。スーパーで買う野菜には、このような快感はありません。
posted by ひろ at 11:21| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。