2010年12月19日

虫が居る田舎暮らしの野菜の料理に慣れる

千葉県での真似事の田舎暮らしの野菜作りでは、農薬をあまりかけてないため中に虫が入り込んでいる野菜を食べるのに、慣れてきました。虫がついてないきれいなスーパーの野菜を食べるほうが、気持ち悪い感じです。虫がいないほど、農薬がついているのではと、思ってしまいます。

自分で栽培したチンゲサイ、白菜、キャベツなどを料理する時は、一枚一枚葉をはがして、虫がいるかいないか確認し、虫の糞を洗い流しています。野菜の中に隠れている3匹ほどの虫を発見します。それでも、虫と一緒に煮てしまうことがあります。

最初は、田舎暮らしの野菜の料理は、面倒で気持ち悪かったですが、慣れてしまうと、虫のいない野菜の方が農薬まみれではと思って気持ち悪いです。


posted by ひろ at 10:45| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

今秋の自家栽培の野菜は固くてまずい:天候異変が原因か

今秋の田舎暮らし自給自足の自家栽培のチンゲ采は、固くて、スープにしても、例年の甘み、微妙な奥深さの味がありません。やはり、酷暑、厳しい残暑、そして急に寒くなった気候が影響しているのでしようか?家庭菜園をやっている他の人に聞いても、今秋の野菜は固くておいしくないと言われます。

深耕して、鶏糞などの有機肥料をやり、低農薬で野菜を育てれば、おいしい野菜に育つハズなのですが、、、、。
posted by ひろ at 10:38| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

田舎暮らしのナスの苗を植えるには早過ぎ

田舎暮らし@最新情報は、5年間愛読いただいたSeesaa ブログに、最近復帰させました。よろしくお願いします。

コメントは受け付けたいのですが、アダルト系のコメントも多くくるので、田舎暮らし@最新情報は、残念ながらコメントは受け付けていません。

私が、現在住んでいるのは田舎暮らし人気一番の千葉県です。

現在、田舎暮らしのナスやシシトウの苗が売られ始めましたが、トンネルなどで寒さよけが必要で、普通に露地栽培するには、まだ苗を植えるのは早過ぎるようです。

有機肥料、低農薬の自家栽培の野菜を食べるようになってから、農薬を30回以上かけた野菜をスーパーで買ったり、レストランで食べるのは、本当に気持ち悪くなりました。
posted by ひろ at 09:59| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

田舎暮らし自給自足の自家製ゆず味噌:御飯の上、酒の肴に最適

家族が自転車で10分ほどの農家の自家製のゆず味噌を買ってきたのをなめてみますと、結構おいしいので、私もあまり農薬のかかっていないゆずが手に入った場合、田舎暮らし自給自足の一環として、自分でも、ゆず味噌を作ってみようと思います。

田舎暮らし自給自足のゆず味噌は、例えばゆず5個、味噌500グラム、みりん50cc、酒50cc、砂糖250グラムを材料にして作ります。

田舎暮らし自給自足は、御飯の上に載せたり、酒の肴に最適の味です。

ゆず味噌と同じ位おいしく、私も時々買っていたのが「ますやみそ」(TEL 0823-21-6633)です。これも、御飯の上に載せたり、酒の肴に最高です。これだけで御飯が食べられ、肥えやすくなるのが難点ですが、、、。
posted by ひろ at 12:32| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

田舎暮らしで細いタマネギ苗の上手な植え方:人指し指で穴をあける

田舎暮らし自給自足の細いタマネギ苗をうまく畑に秋植える方法としては、耕した畑に人指し指で穴をあけ、そこに殺虫農薬の白い粒のオルトランを数粒入れてから、その穴にタマネギ苗を植えます。

田舎暮らし自給自足の細いタマネギ苗は、タマネギ苗が細くてか細いため、植えてから根が付く前に雨が降ると、地面に飛び出しやすいです。

耕した畑に人指し指で穴をあけてから、田舎暮らし自給自足の細いタマネギ苗を秋に植えると、苗が飛び出しにくく、根が付きやすいです。私の田舎暮らし自給自足の畑に、うまく根付いています。

殺虫農薬の白い粒のオルトランは、スミチオンやスミソンより良く効きます。野菜の中まで、成分がしみ込んでいく為、野菜が大きくなってからやると、野菜の味が妙な感じになるように感じます。
posted by ひろ at 11:44| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月03日

田舎暮らし自給自足用の冬越し大根に土を盛る:寒さを防ぐため

田舎暮らし自給自足用の大根の畝に、今日、土を盛り、大根が寒さや霜にやられない様にしました。つまり田舎暮らし自給自足用の大根が、冬を越せるようにしました。

とにかく、大根は太くなり過ぎ、大人の腕3本分くらいの太さになりました。

引き抜いて沢庵にするつもりはなく、寒さや霜で、田舎暮らし自給自足用の大根の葉が半分茶色に変化し始めたため、冬中、食べられるようにするため、今日大根の畝に、土を盛りました。

私の場合、野菜が大きくなり過ぎます。キュウリも、うっかりすると、大人の腕の太さになります。
posted by ひろ at 17:36| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

田舎暮らしのキャベツを煮て食べると関節が滑らかに

田舎暮らしの真似事の畑に、まだ結構、秋収穫のキャベツが残っています。

霜で土が盛り上がるために、キャベツの根が浮き上がって倒れて、しおれやすくなりました。

完全にしおれる前に、田舎暮らしの真似事の畑の秋収穫用のキャベツをあわてて、一個丸ごと、ぶちきりして、大鍋に入れて豚肉と共に煮て、食べ始めています。

有機栽培で低農薬の田舎暮らしの野菜を食べると、何か心身に微妙な快感を与える場合が多いですが、キャベツもそうです。

田舎暮らしの自家栽培のキャベツを食べると、全身の関節に油を注した様に、滑らかに動くのを感じます。全身の流れの詰まりがとれたようにも、感じます。

また、田舎暮らしの自家栽培の大根を煮て食べると、腸の中が掃除されたように感じ、心身が軽く感じられ、頭がスーとします。

スーパーで買った野菜を食べて、この様な心身の微妙な快感を感じたことは、めったとありません。
posted by ひろ at 17:35| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

漫画家の守村 大さんの田舎暮らし自給自足の開墾:新白河で

漫画家の守村 大さん(52才)が、田舎暮らし自給自足を目指して、東北新幹線の新白河駅からタクシーで約10分のゆるい傾斜の雑木林を何町歩も買って、東京からはなれて3年前から開墾生活をしておられます。

田舎暮らし自給自足の開墾生活を、漫画モーニングに「新白川原人」とのタイトルで、15回連載。冷暖房費ゼロ円、年間食費約20万円。

なかなか田舎暮らし自給自足の開墾生活の実感がこもっており、読ませる内容です。

最近は、90万円で購入した小松の4t建機で、雑木林の切り株を抜いたり、ゆるい傾斜地を整地して、自家用の宅地造成をしていることが書かれています。

女房らしい女性と介護犬でも勤まりそうな大きな黒い犬が描かれた挿絵が、いつも載っています。いわゆる大人3人分の食費が月2万円以下とは、少なくて、信じがたいですが、、、。
posted by ひろ at 17:33| 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

田舎暮らしのカリフラワーはまずくない:血をサラサラにする成分多

田舎暮らし自給自足の一部として、野菜作りもしており、スーパーで買っている時は仕方なしに食べていたカリフラワーを収穫して、今日、茹でて食べてみると、繊細な奥深い甘さと軟らかいが歯ごたえのある味で、おいしかったです。

カリフラワーを家内がスーパーで買って来た時は、まずいので仕方なしに食べ、植えるものがなくなったので、昨秋5株だけ植えました。

しかし、低農薬有機栽培の自家消費用のカリフラワーは予想に反しておいしかったです。今秋は、田舎暮らしの真似事の野菜畑に、カリフラワーをもっと植えようと思います。

カリフラワーには、血をサラサラにするレシチンや目に効く成分が多く含まれています。

田舎暮らしの低農薬有機栽培の野菜の共通点は、噛めば柔らかいですが、繊細で奥深い味と香りが口の中に広がっていきますね。
posted by ひろ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

長年の田舎暮らし人は町の汚い空気や水の中で住めない:加齢臭やわきが対策にこっけいさ

三日ほど前のテレビで、九州の平家の落人部落である椎葉村で、田舎暮らし自給自足の暮らしをしておられる70才台の老夫婦が、放映されていました。

収入の中心は、12頭ほどの和牛の肥育。優秀和牛生産で何回も表彰されていました。

バブルの頃は、贈答用に優秀和牛の肉は100グラム何千円や何万円で売られていました。東京駅の地下にも、そのような肉屋がありましたが、バブル後は無くなりました。

九州の平家の落人部落で、田舎暮らし自給自足の暮らしをしているこの夫婦は、牛の世話で、結婚以来、外出はほとんどしたことがないと言っていましたが、「私らは町では生きていけない。町の空気と水が合わない」とも言っており、実感がこもっていました。

田舎暮らしの空気は、都会のようにベトベトしておらず、サラサラしており、変な悪臭がこもっておらず、微かな香りと甘味がします。

田舎暮らしの水も、都会の灰を溶かしたような味でなく、塩素の臭いも強烈ではなく、サラサラしています。

私も用事があって、東京で泊まる事がありますが、変な空気と水を昼と夜も吸い且つ飲むと、翌日頭がボーとします。顔にアスファルト塗られたような感じがします。千葉県の自宅に帰って風呂に入らずに寝ると頭がかゆくて眠れないので、風呂場で丹念に頭を洗います。

近年都会では、体臭に敏感になり、加齢臭やわきが対策がはやっていますが、田舎暮らしできれい空気を経験している人から見れば、あんな変な臭いのする空気の中で住んでいながら、加齢臭やわきが対策とは、こっけいな気がします。
posted by ひろ at 12:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 田舎暮らし自給自足 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。