2012年01月14日

千葉県北部の畑の大根は今年は凍る:冬の寒さは例年以上

私の住んでいる千葉県北部の田舎暮らしでは、今年の冬の寒さの厳しさは例年以上です。

昨日畑にかなり残っている大根を引っこ抜いてみると、土から上の部分は、凍って、真ん中部分だけ食べられそう。これまで、大根の畝の土を寄せて盛り上げなくても、凍らないので今年も大丈夫と思っていましたが、、、。まだ2-3本しか食べてませんが、、、。

しかし、凍っている部分を削って煮て食べましたが、美味しかったです。田舎暮らしの自家消費用の野菜は、寒さとともにうま味を増すは本当ですね。

残念なのは、千葉県北部は福島原発事故の放射能スポットで、福島市内並みで、作った野菜を他人にあげられないことです。

野菜つくり本の口コミ人気ランキング


posted by ひろ at 09:57| 田舎暮らし千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

放射能汚染の千葉県北部の田舎暮らし:大新聞にも腹が立つ

私が、田舎暮らしの真似事をしている田舎暮らし人気一番の千葉県とは、千葉県北部のことですが、福島原発事故によるホットスポットがあり、放射能汚染程度は福島県の汚染の中程度に匹敵しています。

畑を借りて野菜を作っていますが、丈が1.5mほどになるミネラル多のモロヘイアの葉は今年は全部食べずに、半分以上とらずに枯らしてしまいました。

木の葉に放射能がいっぱい付いており、モロヘイアの葉は木の葉と似ているからです。

私の知り合いの農家の方は、栽培しているシイタケに基準値の4倍の2000シーベルトの放射能が付いているのを知らずに、大量に食べたと言っておられました。

最近、私も町内の放射能除染作業をしました。

それにしても、今回の福島原発事故には腹が立ちます。

大新聞は、福島原発事故後に、東電や役所や政府が悪いと書いてますが、福島原発の問題点を福島原発事故発生前に書いたのを見たことがないです。建設的批判も読んだことがない。肝心なことで、社会の木鐸の役割を果たしていないようだ。

大新聞が福島原発の問題点やせめて建設的批判を何回か書いていれば、福島原発事故は防げたと思います。

太平洋戦争に反対せずに、あおったたり、追随した愚を本当に反省していない。

せめて、3年間は全電力会社から広告費を辞退して、謹慎しても良さそうですが、、、。
posted by ひろ at 10:28| 田舎暮らし千葉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月30日

田舎暮らし千葉のセシウムは福島のいわき市と同じ:マスコミを思う

私は、田舎暮らし人気一番の千葉県で福島原発から半径約200キロに住んでいますが、福島原発事故の影響を結構受けるようになりました。筑波大学の先生の調査によれば、土壌の放射能セシウムの量は福島原発半径30キロの福島県いわき市と同じ。

この頃部屋の中も30℃を超えるようになりましたが、放射能汚染も重なり、田舎暮らし千葉も余計に暑苦しいです。

福島原発事故後、私の住んでいる市にも、福島県の方が結構避難してこられてましたが、無駄だったようです。かえって、中間の茨城県北部の土壌の方が放射能が少ない。

夏は、南風が吹くので、岩手県や青森県や北海道南部の放射能が高くなりそうです。

それにしても、今回は大手新聞やテレビ局にはがっかりさせられました。東電から広告費をもらっていては、原発の批判はやりにくいのはわかりますが、建設的な批判や提言的な記事は書けたはずですが、私の記憶では読んだことがありません。マスコミも特権階級の一員になって、批判精神やハングリー精神忘れているように思えます。

大手新聞やテレビ局は社会の木鐸という役割もありますが、肝心な時に果たしていない。太平洋戦争の時と同じ。そして、池に落ちると、正義の面をして、いっせいに袋たたき。

アメリカではインターネットが発達し新聞の読者が減り、記者2万3千人が失業しましたが、いざという時に役に立っていない日本のマスコミは、社会から見捨てられる可能性大です。アメリカのマスコミは、それぞれ個性的で、記者の信念に基づいて辛らつに批判記事も書いてましたが、、、。それでも記者2万3千人が失業。

posted by ひろ at 11:29| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

田舎暮らしのナス食べ始めて熟睡へ:心身に微妙な快感

田舎暮らしの真似事の野菜作りのナスを食べ始めてから、蒸し暑くて寝苦しいはずですが、ぐっすり熟睡できます。

やはり、季節季節の低農薬で有機栽培の田舎暮らしの野菜を食べることは、体内の栄養のバランスが自然に取れるために、心身の健康に良いのだと思います。

田舎暮らしの初収穫の野菜を季節ごとに食べるごとに、心身に微妙な快感が生じるのがわかります。

このような楽しみがあるため、肥料代、苗代など考えたら、スーパーで買う野菜のほうが安いですが、自分で野菜を作っています。スーパーで買う野菜には、このような快感はありません。
posted by ひろ at 11:21| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

千葉県の庭の山椒の木に例年の青虫出現せず

福島原発事故の放射能の影響か、今夏は、田舎暮らし人気一番の千葉県の自宅の庭の山椒の木の葉が、蚕のように大きい青虫に丸裸にされないです。

害虫防除の農薬を山椒の木にかけると、葉が変色してしまうため、青虫に食べられる前に、毎日葉をちぎって食べていますが、今年は妙ですね。

田舎暮らし人気一番の千葉県の自宅の庭の山椒に、例年の青虫が出現しないです。

田舎暮らし人気一番の千葉県でも、生茶や牧草から基準値以上の放射能が検出されていますが、、、。

posted by ひろ at 08:55| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

梅雨前に田舎暮らしの野菜に病気予防の農薬をかける

田舎暮らしの真似事の野菜に、2日前に病気予防の農薬をかけました。

それをしないと、田舎暮らしの真似事の野菜は、梅雨時に病気になりやすいです。病気になってから病気予防の農薬をかけても、ほとんど収穫ゼロになります。

田舎暮らしの真似事の野菜の中では、とくにトマトが病気に弱いです。梅雨時に茎が腐って折れやすいです。

私は千葉県に住んでいますが、梅雨入りまでにもう一度、病気予防の農薬をかけようと思います。

私の住んでいる市の下水の終末処理場の汚泥からも、放射能のセシウムが発見され、複雑な気持ちです。静岡の茶の生葉からもセシウムが発見され、、、。

最初は、外国の大使館が東京から大阪に逃げ出すのは、大げさ過ぎると思いましたが、、、。
posted by ひろ at 12:21| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

田舎暮らしの竹の子不作:しかし美味で気分スッキリ

ことしの田舎暮らし人気一番の千葉では、竹の子の不作が目立ちます。去年は、たくさん取れましたが、今年はほとんどダメです。

しかし、食べてみると不作の年の竹の子のほうが断然美味しいです。

また、何故か田舎暮らしの野生の竹の子を食べると気分が、スッキリします。

自分で作った田舎暮らしの低農薬・有機栽培の野菜も食べると、気分がスッキリしたり、リラックスしたり、なんとなく軽快になります。スーパーで買った竹の子や野菜を食べても、そんな気分になりませんが、、、。
posted by ひろ at 09:22| 田舎暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


Powered by Seesaa
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。